心理学の

高校一年生のころは、授業が決まっていた。
高校二年生になる前に、選択授業の説明を受けた。
そして、選択授業を決めるときに、心理学を選ぶことにした。
本当に興味本位だった。
友達になにの教科を選んだか話をしていると、たくさんの友達が心理学を選んでいた。
なんだか気になってといっていて、それは私もだったので、すごく驚いた。
今まで、生きてきた中で、心理学なんて無縁だった。
心理学ときいても全くわからないし、なんだか難しそうだとも思ったが、少しでもいいから知りたいと思った。
その話を彼氏にすると、彼氏は、心理学に興味があるので、それが学校で学べるのは、いいなと思うし、いい経験だよねと言われた。
きっと社会に出たときに役に立つと思う。
心理学といっても、いろいろな意味がある。
それすらも学ぶまで知らなかった。
学べば学ぶほど、なんだか知りたいという気持ちが強くなったのは間違いない。
奥が深いなと思った。
心理学を活かした仕事は、人の役にも立てることが多くて、いつかそんな仕事に就いてみたいなと思った。
まだまだ先だが、少しでも人の役に立てる仕事をやりたい。