車検、ミッションオイルの交換

車のミッションオイルというのは、MT車(ミッション車)のミッションの内部にあるオイルのことです。
デフオイルと総称して、ギアオイルと呼ばれる場合もあります。
ミッションオイルの交換時期は、車検ごとがいいのか調べてみました。
エンジンオイルと違い、「ミッションオイルなんて知らない」「一度も替えたことがない」という方も多いようです。
ミッションオイルは、エンジンオイルのように高温になったりすることはないし、トランスミッションケースに入っているので劣化の進み方が遅いのは事実です。
しかしやはり長期間使用することにより、劣化したギアの金属粉が溜まったり、多少の温度の変化で徐々に劣化していくのは免れません。
劣化が進むとシフトのチェンジが入りにくくなったりするので、走行距離が3万キロ~5万キロごとの交換が必要だということです。
車検のときに必ず交換ということではないようですが、整備士さんに点検してもらうのは必須ですね。
自分で交換する場合、ミッションオイルの交換は比較的簡単にできるそうですが、粘度が高いオイルを使用するときはオイルを送るポンプが必要になります。